日々お腹ぽんぽこ

雑感と備忘メモ

とある文系院生の研究手法(1) 文献との向き合い方

自分の研究手法を客観的に眺めたいと思ったとき、書籍やインターネットなどで、研究者や院生の研究手法をのぞかせてもらうことも少なくない。

それでは自分はどうなんだ、ということで、これまでの自分の研究手法の試行錯誤を書いてみようと思う。

 

(1) 外国語文献との向き合い方

趣味で好き勝手にあれこれ外国語に手を出すのは好きだったけど、研究で使える読み・書き・喋り、となると、必要な能力がまだまだ全然足りてない。

だけど、それでも、研究は前に進めなくてはならないというジレンマのなかで、やってきたことをまとめると以下のような感じだろうか。

文法をひとまず一通り学ぶ

読もうとしている外国語文献に関連する日本語文献にざっと目を通す

文法書・辞書を参照しつつ、外国語文献を読み進めていく

外国語文献については、まだ100%読みこなせる自信もないので、日本語で背景知識を入れることにわりと力を注いで内容理解をちょっとでもマシにしようとしているのが私の現状かもしれない。

 

(2) 日本語文献の向き合い方

日本語文献は、①直近の自分の研究テーマに強く関連するもの、②自分の研究テーマとの直接の関連は薄いが面白い論文、③自分の研究分野の基礎的・古典的な文献に目を通すことが多い。

日本語文献でも外国語文献であっても、読みの深さで勝負するとどうにもこの人にはかなわないことが少なくないので、私の場合は、とにかく資料を渉猟し、そこから得たものを一つの像を結ぶようにまとめあげることで面白いものを作り上げることができないか、という方向を自分の強みとできないか模索しているところ。

①直近の自分の研究テーマに強く関連するもの

時間的な制約があるので、自分の研究テーマに関連するものを集めて、優先度順に読み進めていく。

頭からお尻まで読むか読まないかの判断はぱっと見でやり、全部丁寧に読むもの・全部ざっと読むもの・必要箇所のみ辞書的に読むものに分けて、読む。

 

②自分の研究テーマとの直接の関連は薄いが面白い論文

この著者の本・論文面白い!と思うと、その人の書いたものを追いかけたくなる習性は、趣味でも研究でも私の場合同じかもしれない。

この著者の書いたもの面白いと思ったら、論文や著作は全部読みたくなる。ただ、自分の研究報告や論文の締め切りなどが近いと後手にまわるけど、自分の研究テーマに行き詰ったときに読むと、また別の景色を見せてもらえたり、研究の面白さを思い出させてもらったり、この著者・この論文は面白いっていうものは、身近にいくつか置いておいて邪魔になることはないんじゃないかと思っている。

 

③自分の研究分野の基礎的・古典的な文献

このあたりは、本来なら、日本語訳があるものについては、大学院に入る前にあらかた目を通しておくべきだったという反省が強い。

でも、研究を通じて問題関心が醸成されていくなかで基礎的・古典的な文献にあたると、そこに含まれる大事なものが自分に強く迫ってくるのを感じることもできる。

大学院入学前に読んでおかなかったことはおそらくずっと悔やむけれど、それでも読むべきとき、向き合うときがきたら、気後れせずしかるべく向き合うという心持ちでいる。

 

 

おそらく研究者の数だけ、文献との向き合い方があるので、研究分野の特性などもふまえながら、自分に合った文献との向き合い方の模索をこれからも続けていくのだろうと思う。