日々お腹ぽんぽこ

雑感と備忘メモ

ストレス解消にやっている5つのこと

ネット記事で列記事項の数を並べたタイトルのつけ方あるあるを踏襲してみた。

ストレス解消法は世の中には数あれど、根暗・内向的な私にフィットした方法は以下の5つだった。

 

 

① 日々の感じたことを文章に書きだすこと

日記みたいにキチキチ毎日書こうと考えると、プレッシャーになっちゃうので、ゆるい感じで書きたいときに書いてる。

ツイッターは人に見られても大丈夫だと思える程度でまあ誰か見てくれたら嬉しいなあぐらいのこと、紙媒体のノートは他人には見せられないことも含め筆のはしるがままに書いている。

特に、しんどいときや辛いとき、気持ちを言葉にせずに、自分のなかでドロドロしたままで抱えこむのも難しく、でもすぐ誰かに弱音を吐けるような状況ではないときは、まず紙媒体のノートに綴るかな。

イメージ的には、ハリーポッターに出てくる、憂いの篩。

ノートには嬉しいことも書くようにしてるから、沈んでるときに読み返すと、よい思い出とそのときの気持ちがじんわりと浮かび上がってきて、ちょっとした自己治療みたいな感じにもなる。

 

② カラオケに行くこと

歌が上手かろうが下手だろうがそんなことはこの場面では関係なし。

人目を気にせず大声を出せて、好きな曲のメロディや歌詞まで味わえたら言うことなし。

もちろん一人で行く。

 

③ 好きなものを食べる

お財布と相談して、無茶じゃない範囲で、自分の好きなものを食べて、飲んで一息つく。

とにかく量を食べてストレス発散は三十手前の胃にはキツイので、胃へのダメージが少なそうで、かつ、自分が好きなものを、自分のペースで食べる。

 

④ ごみごみしてないところを散歩する

ごみごみしてるのは、自転車とか自動車とか人混みとかが気になって疲れやすくなってしまうので、交通量や信号や人混みが少ないところを選んで自分のペースで歩くこと。

荷物は少なめで、でも、軽めの本とメモがとれる程度の筆記具とカフェに入れる程度のお金は持っていく。

落ち着いていて、ケーキとコーヒーが美味しそうな喫茶店と出会えれば、ついでにそこでも一息。

 

⑤ 気の合う人とお茶できそうだったらお茶をする

ここで自分なりに気をつけているのは、ストレスがたまってるときや疲れているときは、もれなく私の場合はメンタルポイントが落ちているということ。

予定が立て込んでいたら、会いたいひとと会うことだって控えめにしているけど、予定がゆるやかでも、自分の気持ちに余裕がなければ、気乗りのしないひととは会うのにものすごく躊躇する。

会って、じっくり話せて、対話が成り立つひと。そんな人とお茶できたりしたら、結構ストレス解消になる。

 

 

自分にとってのストレスの大部分は避けがたく、自分のペースで生きられないこと/自分の気持ちを押し殺さなければいけない場面で生じることが多いので、そういうときこそ、自分の気持ちや声を忘れないようにする時間を全力で死守することが大事なんじゃないかなと思う。